• 診察室
  • 歯磨きが肝心

    白い歯

    歯科においては正しく歯磨きが出来るかがとても重要です。これが出来ると歯科にかける治療費は少なくて済むでしょう。歯磨きは工夫が必要です。 歯磨きで使うのが歯ブラシですよね。あなたの歯ブラシの毛先はどれくらい使うと開いてしまいますか。使い始めて3週間や1か月くらいで開いてしまったらそれは力の入れすぎです。力を入れすぎて歯を磨いてしまうと歯肉が退縮したり腫れてきてしまいます。これが知覚過敏になってしまう可能性が高くなります。適切な力で磨くと歯ブラシの毛先は開かず6か月以上は使えるのであります。歯もすり減ることはありません。力を入れすぎている人は力を抜いて歯を磨くことを意識ましょう。少しずつ毛先の開く期間を長くするように意識していきましょう。

    歯医者へは歯が悪くなったら受診すると思っている人がほとんどかもしれません。歯が痛くなったら治療するのが当たり前と思っている人がほとんどでしょう。しかし最近では予防歯科というものが注目を集めているようです。 予防歯科とは虫歯などになる前の予防を大切にすることであります。歯の健康を守るためには歯科医院を定期的に受診して、歯科医などのプロのケアを受けること及び歯科医や歯科衛生などの指導を受けて毎日自宅などで行うセルフケアを実践することの両方がとても大切になります。 歯が悪くなってからの治療においてはその内容によっては長い治療期間を要するし、また治療費も高くなります。そういった点からも歯の定期的なケアというのは結果として、時間とお金の節約になるでしょう。