• 診察室
  • 目立たない

    歯科

    歯列矯正は、一般的に、ブラケットという装着器具と、それを固定するためのワイヤーを使用する、マルチブラケット装置というものを使って行われます。幅広い症状の歯列矯正に適するので、一般的にマルチブラケット装置が使用されます。歯の表側に装着することが普通ですので、どうしても人から見えてしまいます。同じ装置を使って歯の裏側に装着する方法もあります。この方法は、人からは見えませんが、装着に手間がかかり、医師のスキルも必要となり、費用も高くなってしまいます。 矯正装置が目立つことが嫌な方も多いので、最近では、マウスピース矯正という方法に取り組んでいる矯正歯科もあります。透明度が高くて薄いマウスピース型の矯正装置ですので、目立たずに矯正をすることができます。食事と歯磨きの時だけは、取り外しますがあとはつけ続けておきます。

    歯列矯正をマウスピース装置を使って行いたいのであれば、この方法を取り入れている矯正歯科を探す必要があります。インターネットでマウスピース矯正をしている矯正歯科をしらべてみたり、自分の家から通える範囲にある矯正歯科で確認をするなど、とにかく第一アクションをおこす必要があります。 マウスピース装置で歯列矯正をするといっても、マウスピース装置にはいくつかの種類がありますし、歯科医の方針によっては治療期間の違いは出てきます。矯正歯科を選ぶ時は、自分の思いをしっかり伝えて相談して、その思いに理解を示してくれて、治療方法を選ぶことができるところにお願いすることが大切です。 マウスピース矯正のことでわからないことがあれば、矯正歯科で納得のいくまで説明を聞くことも重要なことです。